急増しているフランチャイズ

「フランチャイズ」という言葉は、今では多くの方が耳にしたことのある言葉だと思います。

フランチャイズとは、事業展開の方式の一つです。 アメリカ発祥のビジネスで、本部と加盟者という二者から成り立つシステムとなっています。 フランチャイズ事業本部は、事業を展開するために加盟者と契約を結びます。 そして、加盟者に一定地域においての独占販売権を与えるのです。 加盟者は契約を結ぶと、本部の援助や指導などを受けながら事業を展開していくことが出来ます。 フランチャイズ本部のことをフランチャイザー、加盟者・加盟店のことをフランチャイジーと呼びます。 フランチャイザー、フランチャイジーの二者によって共同事業を行っていくのです。

そういったフランチャイズビジネスは、近年で飛躍的に伸びています。 全国各地にフランチャイズビジネスが浸透していっているのです。 なぜフランチャイズが飛躍的に伸びているのかと言いますと、起業が相次ぐ中、最も起業しやすい方法としてフランチャイズビジネスが挙げられるのからです。 そんなフランチャイズのメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。 起業をお考えの方、フランチャイズビジネスに興味がある方は是非ご覧になっていって下さいね。